Schali's Tagebuch

schaliblog.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 31日

犬の権利を狭める、1歩手前・・・

【しゃりまま記】
ちょこっと夏の暑さもやわらいで、お昼の時間帯に散歩にも行けるようになってきました。
今日はお昼からの仕事だったので、珍しく、昼前に1時間ほど散歩に出かけました。

しばらくぶりにとある広場に立ち寄ると、以前はなかった看板が。
f0032184_1374992.jpg


「 愛犬家のみなさまへ  犬の放し飼いはやめましょう。
東京都動物の保護及び管理に関する条例(東京都条例第81号第9条)で
犬の放し飼いは禁止されています
世田谷区」

この広場、住宅地の中にあり、犬をノーリードで遊ばせる飼主の姿を見かけたことがありました。
広場の真ん中には、犬はリードにつないでください、という看板がありましたが、
そんな緩やかな表示では効果なし、ということで新しい看板が立ったのかなと思いました。

「犬はリードについないで」→→「犬の放し飼いは禁止です」→→→→?

・・・この先には、「犬立ち入り禁止」が待っていると思うのです。

また、飼主自らの行動如何で、犬の権利がひとつ狭まってしまう例が増えようとしているように見えます。
どうぞ、犬の飼主ひとりひとりが、この看板のひとつ先を見てくださいますように。

犬をノーリードで遊ばせる場所が増えてほしい、そう思うなら、最低限の約束が守れることを、
犬の飼主自身がまず、証明していく方が、遠いようで近道な気がします。

犬の苦手な人にも、受け入れてもらえるようなマナーがなければ、東京のような人も犬も密集している場所では
共生が難しいことを認識した上で、犬と暮らさないといけないと改めて思いました。
*******************************************************
シャーリ&しゃりままの応援よろしく♪今日もワン・クリックお願いします♪→人気blogランキングへ
*******************************************************
[PR]

by schaliblog | 2007-08-31 23:23 | 東京都動物愛護推進員


<< 誕生日でした。      国際動物専門学校での特別講演、... >>