Schali's Tagebuch

schaliblog.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 31日

SF3日目 サンフランシスコの犬のハロウィーン

【しゃりまま記】
10月31日は、ハロウィーン!
ドイツではハロウィーンは祝わないので、アメリカでのハロウィーンに興味津々。
さて、ハロウィーン衣装に犬に出会えるのか?!

午後からダウンタウンに出かけて、ちょっと観光。
サンフランシスコ・ショッピングセンター内の本屋さんで天道虫に扮したヨーキーさんと遭遇。
あれ、犬もお店に入れるの?と思ったら、このルーディーくん、サービスドッグなのだそうです。
こんなお茶目なサービスドッグならお店の人もウェルカムですね(笑。
f0032184_10324396.jpg


ロープウェイでフィッシャーマンズワーフへ。
f0032184_1036468.jpg

フィッシャーマンズワーフの方はダウンタウンより緑が多く、犬連れの人を見かけました。
f0032184_10362295.jpg

この黒ラブさん。お名前をシンデレラさんといいます^^。8歳ですが元気元気。
ハロウィーンの首飾りをして、ハッピースマイルを見せてくれました。
f0032184_10373322.jpg

後姿しか撮れなくて残念。おそらく、今、アメリカで人気というパグル(パグ×ビーグル)です。
f0032184_10375130.jpg

シェルターから引き取って、トレーニングを終わったばっかりという若犬さん。推定1歳半だそうです。
f0032184_1040812.jpg

チワワさん。中国人の飼主さん。お寿司屋さんを経営しているそうです(笑)。店にはあと2匹いるとか。
f0032184_10432267.jpg

スーツ姿の格好いいお姉さんが犬を連れてカフェに登場です。
f0032184_10433981.jpg

このゴールデンレトリバーは、お店の前で、ハロウィンの帽子をかぶって待機中です。
f0032184_10435442.jpg

ダウンタウンに戻ると、ピットブル系の犬を発見。ブル系の犬は若者に人気です。Tシャツ着てます。
f0032184_1044998.jpg

サンフランシスコの市内交通機関バート。これで移動することが多かったのですが、その駅の近くで盲導犬に会いました。
f0032184_10442460.jpg


・・・ハロウィーンの服装の犬ばかりではなかったです(苦笑。でもいつもよりたくさん犬を見かけて満足っ。
これだけ犬を見かけても吠えている犬は見かけませんでした。さすがです。

・・・でも、やっぱりハロウィーンの本番は、夜!犬、いるかな?!
いました、いました!犬だって参加します^^。
でも、さすがにTrick or Treats ! Trick or Bone ! (ホネくれないとイタズラしちゃうぞ!)
とはいかないようです(笑)。
Happy Halloween!
f0032184_1031776.jpg

[PR]

by schaliblog | 2007-10-31 23:28 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 30日

SF2日目

【しゃりまま記】
10月30日は、朝から、サンフランシスコのダウンタウンへ。
まず訪れたのは、エンバーカデロにあるフェリープラザ。
f0032184_16255342.jpg

建物の中は犬は同伴できるのかな?と思ったら・・・
f0032184_16263971.jpg

だめでした。サービスドッグ以外はダメ、とあります。
今まで見聞きした範囲では、アメリカは、ドイツと違い、どこでも一緒とはいかないようです。
日本と同じような感じですね。

午後は、ACC(Animal Care & Control)SPCA(Society for the Prevention of Cruelty to Animals)
を見学に行きました。
f0032184_16284361.jpg

ACCは、ポートランドでも見学したシェルターと同様のもので、放棄されたり迷子になった犬や猫など
のペットたちがここに集められています。また、市民から虐待などの通報があると、動物警察
(Animal Cops)が、
保護にかけつけるそうです。このAnimal Cops、ACCの2階で待機していて、必要に応じて出動するのだそうです。
警官ではないのですが、虐待をしている事実があれば飼主を逮捕できる権限があるとか。また、飼主が刑務所に入った、入院した、という場合に犬を保護して世話をするということもやっているのだそうです。
f0032184_16312498.jpg


敷地内には、人工芝のお庭もあり、気分転換にここに出してもらったり、ボランティアの人に
散歩に連れ出してもらったりします。
f0032184_16315698.jpg


ACCからSPCAに移動する途中には動物病院があります。
f0032184_1633253.jpg


次はSPCAです。SPCAは、税金などの公的な資金を使わない民間のシェルターです。
165人のスタッフと、約900人のボランティアで切り盛りしているそうです。
f0032184_16355558.jpg


ガラス張りの部屋、トリーツを差し入れることができる穴。
わたしもさっそくトリーツを差し入れてみました。
f0032184_16352763.jpg

もっとください(笑)。
f0032184_16365230.jpg

母犬と子犬もいました。子犬は生後1ヶ月余りだそうです。
f0032184_16382712.jpg

犬たち、見学者が登場すると、喜んで尻尾振ってトリーツちょうだい♪と近付いてきたりします。
ガラス張りな分、見ている方にも悲壮感がない気がしました。
ここまでくれば安楽死という選択肢はほぼないということが見る側をほっとさせるのかもしれません。

最後に、SPCAで17時~18時のレッスン(若犬のクラス)を見学して、おわりました。
f0032184_16404542.jpg

[PR]

by schaliblog | 2007-10-30 23:20 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 29日

SFの犬

【しゃりまま記】
10月29日にポートランドからサンフランシスコに移動して来ました。
飛行機で2時間弱。地図では近いように見えたけど、さすがアメリカ、広い。遠い。

ここ、サンフランシスコは、周辺の人口も含めると700万人という規模になる大都市で、
都会に来た~!という感じです。

そんなサンフランシスコではどんな犬たちに出会えるのでしょうか?
今日、街の中心地、ユニオンスクエア近くで出会った犬↓。とてもお行儀の良い犬でした。
f0032184_1394089.jpg


犬の数が少ないためもありますが、街の中で犬のフンを見かけることがあまりありません。
歩道のお掃除をする人が多いので、きれいに保たれているのでしょうか。
[PR]

by schaliblog | 2007-10-29 23:54 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 29日

APDT Annual Conference 5日目

【しゃりまま記】
24日から28日までのAPDT Annual Conferenceが終了しました。
午前中に2つ、午後に1つセミナーがあって、「来年の10月にまたケンタッキーで会いましょう!」という
締めくくりの挨拶をもって閉会となりました。

5日間で仲良くなった友達と、記念写真を取り、メールするからね、また会おうね、とお別れ。
f0032184_15554911.jpg

5日間で、名刺のコレクションができました。大事なネットワークです。
f0032184_15503584.jpg


午後は、日本からお仕事でAPDTカンファレンスに来ていたNさんとTさんに便乗して、シェルターへ。
Multnomah County Animal Serviceのホームページへ
ドイツでティアハイム(直訳は動物の家。動物保護施設です)の見学はしたことがありますが、
もちろん、アメリカでは初めてでした。

犬の部屋、猫の部屋に分かれていました。時には爬虫類も運び込まれるのだとか・・・。
犬たちの部屋です。アシャッフェンブルクのティアハイムと似たような雰囲気でした。
1頭1頭個室で、屋内、屋外に行き来できるようになっています。
必要に応じて、「個室」の通路側に目隠しの板が貼ってあり、向かい側の「個室」の犬が見えないような工夫も。

そして、面白かったのは、Open Pawという方法を採用しているこのシェルター、犬たちに、人って
いい存在、というのを理解してもらおうということで、個室の前に、フードが入ったバスケットがぶら下がっていて、
訪れた人がそこからフードを投げ入れたり、ハンドフィードしたりできるようになっているのです。
犬たちの写真を撮らせてもらいました。
f0032184_1625341.jpg
 
f0032184_163954.jpg
 
f0032184_1631928.jpg
 
f0032184_1633010.jpg
 
f0032184_163419.jpg
 
f0032184_1635349.jpg
 
f0032184_164437.jpg
 
f0032184_1641366.jpg
 
f0032184_1642499.jpg
 
20頭以上いたでしょうか。人が通ると駆け寄ってくれる犬もいて、手からフードを食べてくれたり、
一生懸命手をなめてくれたり、フレンドリーな犬が多くて驚きました。

早く良い飼主さんが見つかるといいね、と、1個1個の柵の向こうに向かって話しかけて(念じて?!)来ました。

カンファレンス参加者から、トレーニングに熱心な人がいる一方で、犬を簡単に手放す選択をする人も多いと聞きました。
放棄する人をどうにかしないと不幸な犬は減らないのですが、新しい飼主を待っている犬たちには、とにかく、
新しいハッピーな暮らしができるようにと思いました。
[PR]

by schaliblog | 2007-10-29 16:22 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 28日

APDT Annual Conference 4日目

【しゃりまま記】
5日間のカンファレンスも4日目に入り、顔見知りも増えてきました。
それでもまだまだ知り合っていない人もたくさん(当然ですが)。
エレベーターの中や、セミナー会場で、また新しい会話がはずんだりします。

今日など、偶然となりに座った2人が話している言葉がよく分かるなぁと思ったらドイツ語。
ドイツから来たの?と話しかけ、しばし、ドイツ語で話がはずみました。
周りのアメリカ人、ちょっと???って顔してましたが(笑。
そんな楽しい出会いもあったりします。

そして今日も活躍するサービスドッグたち。お仕事中なんですが、マスコット的な存在になっています^^。
f0032184_18192178.jpg


いよいよ、明日がセミナー最終日。なんだか信じられませんが、最後まで聞き逃さないように頑張ります!!
[PR]

by schaliblog | 2007-10-28 18:20 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 27日

APDT Annual Conference 3日目

【しゃりまま記】
カンファンレンスでは、たくさんの人と出会い、ネットワークを作ることも大切なこと。
会場には、名刺のコンテストなんて企画もありました。
立ち止まって見ていると、「あなたも貼った?」と話をするきっかけになります。
f0032184_1822785.jpg

[PR]

by schaliblog | 2007-10-27 18:03 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 26日

APDT Annual Conference 2日目

【しゃりまま記】
今回のAPDTカンファレンス、なんと、1031人も参加者がいるのだそうです。

とっても至れり尽くせり感の強い会議で(去年苦情が多くて相当改善されたというウワサも)、
朝から、スナックとホットコーヒーが用意されています♪
f0032184_15141017.jpg

それも、なんと、スターバックスコーヒー♪♪嬉しすぎます(感涙。

朝8時から、17時まで、午前中に長いセミナーが1つ、午後に短いセミナーが2つあり、
1日中英語漬けになった後のお楽しみは、今日から土曜日まで開催される、トレードショー。
ドッグトレーニングのグッズなどを販売するブースの立ち並ぶ会場へ突撃!
リード、ジェントルリーダー、トレーニング書籍、コング、オモチャ、アジリティグッズ等々・・・
ブースの数もすごいけど、参加者の買物の量もハンパじゃない。クレジットカードが使えるところが、オソロシイ・・・。
f0032184_1519217.jpg

人のことは言えず、わたしも色々買い込んでしまいました。早くも帰りの荷物が心配になってきた・・・。
そして、こんなものを衝動買い。だって、コーギーなんだもん(笑。
ドイツではコーギーグッズなんて見かけないので、見つけて即買い(爆。
f0032184_15264186.jpg


話はかわりますが、APDTカンファレンスには、たくさんのサービスドッグが参加しています。
普通の犬は参加NGですが、サービスドッグはもちろんOK。

この子はまだ15ヶ月のシェパードですが、立派な仕事犬として活躍中。
日本では馴染みがありませんが、メディカル・アシスタンス・ドッグだそうで、飼主が、ふらついて
倒れてしまったときなどに、立ち上がったり、姿勢を正すのを支えてくれるのだそうです。
f0032184_15191330.jpg

これが、ケープについている目印。
f0032184_15193246.jpg

場所にゆとりがあるせいか、仕事犬たちの表情が日本の仕事犬より余裕があるような気がしました。
[PR]

by schaliblog | 2007-10-26 15:09 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 25日

APDT Annual Conference

【しゃりまま記】
APDT Annual Conferenceは24日から5日間の会期でスタートしました。
f0032184_13465629.jpg


APDTカンファレンスに初めて出席する人の入館証には、”Conference Puppy”と書いた
リボンがつきます。カンファレンスに初めて参加する右も左も分からないパピーです。
f0032184_13474264.jpg

どうぞ、先輩方はなしかけてね、というアピールになるこのリボンを見て、2年目以降の
参加者達が気軽に話しかけてくれます。「あなた、パピーなのね、どう?楽しめてる?」
うーーん、なんて気さくな人たち。いや、そういう文化なのか。

アメリカに到着してからというもの、空港の人、タクシーの人、ホテルの人、レストランの人、
誰でも気軽に話しかけてくることに軽いカルチャーショックを覚えています。
ドイツなら「こんにちは」で済むところが、「ハ~イ、元気?いい天気だね、どこ行くの?」ぐらいの挨拶になる。
そして、もうひとつのカルチャーショックは、とりあえず何でもサイズが大きいこと。
サンドイッチ、十分2人前ありました(苦笑。
ヨーロッパ旅行ではあまり感じない新発見がちょっと楽しいです^^。
[PR]

by schaliblog | 2007-10-25 13:20 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 24日

アメリカ上陸

【しゃりまま記】

23日、ポートランドに無事に到着しました!!!

f0032184_1375347.jpg

到着したポートランドはとっても良い天気。青空。すでに紅葉が始まっている木々。
でも、昨日までの2週間ほどはずっと曇りと雨だったというから、これは歓迎のお天気のようです!

ホテルにチェックインして、明日からのカンファレンスの入館証をもらってから、
ホテルの目の前に広がる公園と、その周辺で、犬が来ないか待ち受けてみました。
いました。ジョギングのお供をする犬。
f0032184_1395889.jpg

こちらは普通にお散歩中。
f0032184_13101091.jpg

ミニチュアピンシャーはもんのすごく引っ張って散歩してました(笑。ほとんど二足歩行(苦笑。
f0032184_131023100.jpg

犬連れカップル登場。
f0032184_13103545.jpg


夕方の4時~6時くらいに公園の近くにいると、ドイツなら、写真を撮るのが忙しいほど
犬が散歩しているのですが、アメリカは意外と少ない?!

代わりに・・・というわけではないですが、リスが出てきてくれました^^♪
f0032184_13155356.jpg


それにしても、今回は初のアメリカということで、いつものヨーロッパ行きと比べて勝手が違う。
それも、出発日の長さがハンパではない。いったい、23日は、何時間あったんですか?!という感じ。
ドイツに飛ぶときは、いつも日本時間の10時頃に出発すると、ドイツ時間の14時頃に到着して、
ちょっと眠たいのを我慢すれば、すぐに夜が来て、眠れるわけですが、アメリカの場合は、というと、
23日の昼の12時にはまだ家でシャーリに出かけてくるからね~などと話しかけてたというのに、それから
成田に向かい、飛行機に乗り込んで、シアトルで乗り換え、ポートランドに到着したのはアメリカ時間の23日昼の12時。
なぬ?!同じ時間にまたタイムスリップ?!
・・・ヘンな感じです・・・。

しっかり寝て、明日からの5日間のカンファレンスに備えねば!!!
[PR]

by schaliblog | 2007-10-24 12:57 | ライフワーク:犬のしつけ
2007年 10月 23日

今回は旅は犬連れならず・・・

【しゃりまま記】
明日から(と言っても日付はすでに変わっているので、今日ですね)、しばし日本を離れます。
行き先は、アメリカ。10月12日の日記にも書いたとおりです。

今年は、7月のシャーリとのドイツ・チェコ・フランス犬連れ旅がありましたが、今回のアメリカは、わたしだけ。
24日から5日間出席するAPDTのAnnual Conferenceは犬連れ禁止で、一緒に行っても、ずっと待機ではつまらない。
アメリカ行くなら、もっとたっぷり一緒に楽しもうよね、ということで、まずは、わたしが犬事情を偵察に行ってきます(笑)。

・・・でも、そんなこと知らない、シャーリさん。
わたしが荷造りを始めたものですから、置いていかれては大変!と感じ取ったのでしょうか。
こんなところに陣取って寝ることにしたようです。

f0032184_2425178.jpg


それ、わたしが持ってくボストンバッグだよ。荷造りできないじゃん。

なかなか、するどいシャーリさんでした。
明日、お昼頃家を出るから、朝は一緒にお散歩行こうね。

シャーリのことは、しゃりまま・だんなにお願いしていくので心配ないのですが、
わたしの方が寂しくて大変になりそうな気配。。。いえいえ、頑張ります(苦笑。
[PR]

by schaliblog | 2007-10-23 02:46 | しゃりままのひとりごと