2008年 07月 17日

地球 「2030年までにホッキョクグマ絶滅」の危険

引き続き、行方不明になっているルルちゃんを探しています!!!
詳しくは、7月16日の日記をご覧ください!!
 →7月22日、見つかりました!



【しゃりまま記】

2008年1月に劇場公開、見に行こうと思っていたのに、行けなかった。

earth

6月27日、DVD化されたので、ついに、見ました。

f0032184_21163388.jpg


普段の暮らしをしていると、忘れがちな地球への配慮。
それは、身の回りで失われていっている自然を感じることが少ないからだと思う。

earthは、そんな日常の中で、はっとさせるものがありました。

地球温暖化は、刻々と進んでいる。
ニュースで聞くよりも、earthの映像で見た方が、心に響いた。

なにより、響いたのが、最後に出てきた字幕。

「現在の割合で 気温が上昇し続ければ
ホッキョクグマは 2030年までに絶滅する」

2030年って、まだまだ先・・・・・
いえいえ、とんでもない。今年は2008年。
22年後には、野生のホッキョクグマはいなくなってしまう?!

焦りを感じました。
自分にもできることから、少しずつ。
間に合えばいいんだけど・・・。



強いメッセージをもつこの映画、大変オススメです。
映像がきれい!
制作に5年、撮影日数のべ4500日、ロケ地全世界200ヶ所以上というスケール。
さらに、なんと、音楽は、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。
見て、聴いて、損はありません。
まだ見ていない方は、是非。




・・・中学生のとき、北極に行きました。

正しく言うと、北極圏に入りました。

ドイツに住んでいたときに、夏の休暇に両親と一緒に、ノルウェーから船に乗って
北極圏を目指して、夏場でも氷が多すぎて船ではこれ以上進めない
Packeisgrenze (パックアイス=積氷) (グレンツェはドイツ語で境界のこと)
まで行きました。

ホッキョクグマには会えなかったけど、この先に行くといるのかな?と、
夏でもひんやりした空気に触れながら思ったものです。

地球温暖化が進んで、20年前に比べて、Packeisgrenzeが後退して、
今ではもっと北の方まで船で行けるようになってしまっているのかもしれない。

考えただけで、どきどきしてしまいます。
ホッキョクグマ、ごめん。
[PR]

by schaliblog | 2008-07-17 21:24 | しゃりままのひとりごと


<< 3連休は河口湖♪      【練馬の自宅から行方不明に!】... >>